2007年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カーロフォレスタ滞在記 ELFO アフリカ編

8月4日から一泊二日の慌ただしい旅行でしたが、お気に入りの山中湖「カーロフォレスタ」です。
そう言えばカーロフォレスタには何度か訪れていますが、旅行記を書くのは初めてですかね。
今回の宿泊は、新館の「ELFO」、4部屋からなるメゾネットタイプのログハウスで、各部屋はアジアン、アフリカン、ハワイアン、ジャパニーズの4つの雰囲気を楽しむことがきます。その中のアフリカンの部屋に宿泊しました。さてさて期待に心躍ります。
DSC_4268.jpg DSC_4197.jpg

いつ訪れても館内は清潔で、食事も美味しく、スタッフの優しいことがカーロフォレスタ魅力です。まだ新しい「ELFO」ですが、本館と変わらずとても居心地よく過ごすことができます。
何より部屋の庭を通って直前のドッグランに行くことができ、プライベートな過ごし方ができます。
DSC_4247.jpg DSC_4271.jpg

ELFOの各部屋はそれぞれに雰囲気作りがされていて、なかなか面白い企画だと思います。2階にある寝室は広さも十分で、新しい木の香りが清々しく、階段の手すりは両側に配置され、子供やお歳の方にも配慮されています。またそれらはすべて面取りがされていて、手で触れた感触も非常によく、細かな心遣いが感じられます。
バスルームは独立したシャワーブースこそありませんが、ガラスのパーテーションでパウダーコーナーと仕切られ、広々とした空間づくりに癒されます。また裏手にある専用駐車場側に小さなウッドデッキもしつらえてあります。部屋にさりげなく置かれたティーカップやグラスはロイヤルコペンハーゲンのものが用意され、冷蔵庫の飲み物のエキストラチャージはなく、アメニティーの充実などなど、ありがちなペットと泊まれるホテルのお粗末なサービスとは一線を画すものです。ここまでやってくれるなら欲を言って、宿泊する部屋でチェックインができれば一層クラッシーなのだけれど・・とも思う。
DSC_4093.jpg

DSC_4155.jpg DSC_4145.jpg

本館で今まで料理長をされていた渡辺さんは元々の専門が日本料理、その彼が腕を振るう日本料理のフルコースを部屋出しで頂くことがこのELFOのスペシャルで、旬の食材を使った料理はどれも美味しいものです。カーロフォレスタの食事の美味しいことは評判ですが、イタリアンにしても和食にしても味が一本調子ではなく、味に抑揚があって、ゲストを飽きさせないことが美味しい秘訣なのではないでしょうか・・?(生意気ですけど)。犬連れでもリッチでプライベートな空間を望むゲストにはまさにうってつけだと思います。

DSC_4100.jpg DSC_4127.jpg

旅には食事のことが話題になることが多いものですが、そのELFOの朝食は同じ建物にあるカフェでで用意されます。本館の朝食は日本食ですが、こちらは洋食。ボリュームもしっかりとあり、小食な自分でも朝食だけはガッツリな自分には、外のデッキで澄んだ空気と鳥のさえずりとともに食した朝食には大満足でした。
DSC_4242.jpg DSC_4218.jpg DSC_4282.jpg DSC_4279.jpg DSC_4151.jpg

扨、この魅力的な「ELFO」大人二人の宿泊料が1泊2食付きで68,242円、Hanaの宿泊が3,150円、宿泊料で71,392円。Hanaの食事1,260円を4食分で5,040円、800円のグラスワインが2杯で1,600円・・・大人二人とゴールデン一頭の一泊二日のプチ旅行、しめて78,032円。トップシーズンの料金ですが、これを高いと思うかお値打ちと思うかは内緒にしときます。とは言っても8月14日からハワイアンの部屋に宿泊を決めているのは、大いに気に入っているから・・・かも?


スポンサーサイト

| Hanaのプチ旅行 | 17:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年09月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。